葉酸サプリは妊婦の味方!栄養素を上手に摂り入れよう

医者

鍼や灸で妊活

赤ちゃん

冷えを改善して妊活

鍼灸院においても不妊治療を提案しており、良質な卵と子宮を作るための東洋医学として妊娠力を向上させ、成功率に繋げてくれます。高度生殖医療の成功率が向上しているものの、成果を高めたい際には鍼灸治療を受けることにより、確率を次第に上げることも可能となるため、不妊治療にプラスαとして鍼灸院を利用する女性や男性は増えています。また、鍼やお灸による治療によって、様々な不調の緩和や体調改善までを実感しやすく、鍼灸治療は不妊治療との相性や相乗効果を生みやすいと人気を集めています。例えば、気・血・水など、体内の流れが停滞することによって招かれるのがお腹や腰の冷えで、不妊症の要因とも言われているため、冷えを改善させることで様々な不調まで取り除け、気軽に妊活に取り組めると評価されています。

間違った情報

理想的な子宮環境として、子宮内膜の厚みなどが関係しているなどの見解があるものの、必ずしも厚みや婦人病などの疾患に固執する必要性は無いと言われています。近年、医学で用いられているのが鍼灸治療で、不妊症に強みを持つ鍼灸院も展開されており、子宮筋腫や内膜症などに悩みを持つ女性にも利用できます。子宮筋腫などによって、子供ができにくいという間違った情報に左右されてしまう女性が多いものの、鍼灸院においては妊娠や出産に至った実績も多数あります。子宮環境の低下のみで成果を得ることができないケースは少なく、近年の医療技術の進歩として鍼灸治療も高く評価されています。また、移植前後や着床日など、ニーズにあった治療を行っているため、通院回数などは1人1人異なり、増減することがある点に気を掛け、スケジュール管理することも必要です。